失敗しないためのマンション経営|管理方法を考えよう

笑う女の人

不動産投資とリスク

集合住宅

不動産投資のメリット

不動産投資は、不動産を所有して賃料を得たり、購入した段階の金額よりも高く売却することで差益を得るというものです。不動産投資でも王道といえるのがマンション経営です。マンション経営といってもさまざまで、新築マンションから中古マンション、また区分所有から一棟所有まであります。いずれの場合にも投資であるため失敗のリスクがありますが、投資の前にしっかりと物件を精査することで手堅く収益を得ることができます。また金融投資とは異なり、不動産の資産を形成することも可能で、賃料による収益化に成功すれば、長期間にわたって収入を得ることができるメリットがあります。このため将来の老後の収入のためにマンション経営をする人も多くいます。

リスクを回避するには

不動産投資は投入する資金が大きい反面で比較的で失敗も少ない投資法と言われていますが、失敗する時は失敗するため、闇雲に投資すれば良いというものではありません。マンション経営の場合においての失敗としては、新築物件、立地、ローンの3点が大きなリスク要因になるとされます。新築物件に関しては購入した時点で資産が目減りするという可能性があります。これは新築も1度使えば中古になるためです。このため新築物件を購入するといった場合には購入した段階で資産が減るという失敗を覚悟する必要があります。また立地が悪ければ利用者が確保できず収入を得ることができません。またローンを組んで購入する場合には収入が安定していることが必須で金利上昇に対応できるだけの余裕も必要になります。いずれにしても、マンション経営では収入だけでなく支出も含めてトータルで運用することがリスク回避の前提となります。

Copyright© 2016 失敗しないためのマンション経営|管理方法を考えよう All Rights Reserved.